児童のこころのケア

児童に関する話

いじめの境界線

「いじめ」と「子ども同士のいつもの問題」


例えばA君と言う「いじめっ子」がいます。


A君がB君を「いじめ」ています、ですが今の状況ではまだ「いじめ」と断定出来ないと思います 。

何故ならまだこの時点ではB君がA君に「いじめ」られていると認識していないからです。

つまり今の時点ではA君とB君の立場は対等なので「子ども同士のいつもの問題」と考えられると思います。


これがB君がA君に自分は「いじめ」られていると思うと「いじめ」関係が成立すると思います。


皆さんはどう思われますか?

宜しければコメントください。

ご意見お待ち致して折ります。


ありがとうございました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。